「フレンドリーコース」

今日は市主催の「フレンドリーコース」というものに参加してきました。
今日と明後日の2日間あるんですが・・・・


お勉強するって言うより、近くに住んでいる妊婦さんたちが集まって「お友達になろう」というコースです。大体10名位の参加でした。

自己紹介と言う形ではなく、他己紹介というものでした。
2人1組になり(私の班は3名でしたが)お互いを紹介しあうと言うものでした。
私の班の他2名の方は、出産予定日が本当に近くっていろいろ話しました。

その後は助産士さんから、陣痛から出産に関することを人形と骨盤の模型を使って話してもらったり、体重制限についての話をみんなでしたり・・・・。

あっという間に2時間が過ぎていきました。

明後日も同じメンバーであるんですよ。今度は場所が変わって保育所でするんです。

生後2~3ヶ月の赤ちゃんとママが来てくれて、赤ちゃんを抱っこさせてくれるらしいです。
後、先輩ママ達のお話も聞けると言うことです。



陣痛から出産のリアルな話を聞いてみんな結構引きつった顔をしていたみたいで(もちろん私も)
「そんなに怖がらなくっても、陣痛が始まっても必ず休み時間はあるから
お母さんがカチコチになると、子宮もキュッとなって赤ちゃんが苦しくなったりするから・・・
パニックにならないようにね!」
と言われたけど・・・・
いざ始まったらどうなるんだろう。って思ったら不安になった。

すると、助産士さんが
「出産はお母さんだけが苦しいんじゃないのよ。赤ちゃんも頑張ってるの。
出産は赤ちゃんとお母さんのはじめての共同作業だからね。」と言ってくれました。
その言葉を聞いて少し安心しました。

赤ちゃんと一緒に頑張らなきゃいけないんですね。
[PR]

by sakanamiyu_ikura | 2006-04-11 21:57 | 妊娠・妊婦生活(イクラ君編)